重要局面に入ったドイツ株 他国に先駆けて調整入りするか?

昨日はNYダウが800ドルを超える急落をみせました。特に悪いニュースがあったわけでもなく長期金利上昇を嫌気したとか。
NYダウについては昨日の急落をした後もまだ強いトレンドを維持していますが一方で、重要な局面に入っているのがドイツ株です。

スポンサー
PCアドセンス

年初来安値を更新するか

ドイツ株の週足チャートです。

今週は先週安値を更新するとともに年初来安値である3月安値に接近しています。
既に週足では弱いながらも高値安値を切り下げて下落トレンドに入っているとの見方も出来ますが年初来安値を更新するとヘッドアンドショルダーズを完成することになり下値目標値として9,500ユーロ付近への下落が懸念されます。

3つ目の長期サイクル

更に月足で長期サイクルを確認するとドイツ株は3つ目の長期サイクルにはいっています。

3つ目の長期サイクルに入って今月は既に48ケ月目。この時間帯で重要水準を割れると長期サイクル終了に向けた下落に発展する可能性が高くなります

長期的には長期サイクル始点である8,000ユーロ台を割り込む可能性があると考えます。

まとめ

重要水準である3月安値を割り込むと長期サイクル終了に向けた下落に発展する可能性が高まる。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする