サイクルが綺麗にはまっているスカイラーク株の次の安値は狙いたい

テレビでガストの『とろ~りチーズIN チーズONハンバーグ』が紹介されていてこれは美味しそうだ、食べてみたいと思ったのがきっかけです。

スカイラーク株のチャートを見てみると綺麗にサイクルがはまっているので次の安値の時には買ってみたいなーと思っています。

スポンサー
PCアドセンス

20ケ月の安値サイクル

スカイラークは業績低迷で2006年に上場廃止となった後、2014年に再上昇したようです。ですので、チャートは2014年以降とデータとしては少なめです。
スカイラーク株の月足チャート

見事に20ケ月の安値サイクルを形成、しかも高値が10ケ月後、11月後となっています。
気になるのは2つ目のサイクルで前回の高値を越えていないこと。
現在は3つ目の安値サイクルが始まって4ケ月目ですが3つ目となると今回のサイクルが下落になる可能性も考えたいところです。2つ目のサイクルが高値を更新していないことと3つ目のサイクルであることから現在のサイクルの始点である2018年2月安値を更新するのではないかと考えます。

次の高値、安値の時期は

高値の時期

今回も10ケ月後に高値を形成すると考えると2018年12月となります。しかし、今回の安値サイクルが下落になるならばもっと早い時期に高値を付ける事になる可能性もあり、20ケ月サイクルの1/3の時間とすると7ケ月後の2018年9月頃かもしれません。

安値の時期

これは20ケ月後と考え2019年10月が目安になると考えます。その時に安値サイクルの始点である2018年2月安値の1400円台を割り込んでいるか注目され、割り込んで次の安値サイクルが始まったら買いを検討したいです。

株主優待もおまけで

スカイラーク株では100株以上の保有で年2回(6月末、12月末)に各3,000円分の優待カードを頂けるようです。仮に、安値サイクルの始点である1400円で100株購入したとしたら年6000円の優待ですので4.3%の還元率となりますので率は良いと思います。

まとめ

次の安値サイクルが始まるであろう2019年10月頃まで推移を見守ります。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする