年初来高値を更新している日経平均は本物か?サイクルで考える

日経平均が堅調で年初来高値を更新しています。はたして日経平均は安心して買える状況なのでしょうか?サイクルで考えて見ます。

スポンサー
PCアドセンス

日経平均は4つ目の波動が始まった

日経平均の週足でサイクルをカウントするこうなります。

現在の堅調な相場は2016年6月の安値から始まったと考えられますが、そこからカウントすると現在の波動は4つ目のサイクルが始まったところで、前3つのサイクルは20週から23週の規則性がありますので今回も20週位のサイクルであると予想されます。

注目は前3つのサイクルが何れもアップトレンドであること。

サイクルは3つから4つの波がまとまって更に上の波になる事が多く、今回のサイクルが4つ目で前3つがアップトレンドでしたので今回のサイクルはダウントレンドになる可能性は十分あります。

9月上旬からの強い上昇トレンドをみると考え難いですがサイクル的にはこうなります。

当面は上値を追う展開に

サイクル的には怪しい上昇に見えますが短期的には更に上値を追う展開が想定され、具体的には2015年6月に記録した高値である20,800円台は視野に入っていると思われます。(今週高値で既に20,700円台を記録)
問題はその後。大きな節目を更新して反転するパターンは良くありますのでその時は注意したほうが良いと思います。

高値を付ける時期は?

仮に今回のサイクルが20週として半分の10週で高値を記録するとしたら11月12日の週が10週目にあたりますので一つの目安になると考えます。

下落が始まったら注目するポイント

現在のサイクルスタートである9月安値の19,200円台が注目です。今回のサイクルがダウントレンドであると仮定するならばこの水準を割り込むはずです。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする