保有ポジションと今後の予定(9/2)

9月2日現在の保有ポジションと今後の予定です。暫く更新しておりませんでしたが再開したいと思います。

通貨 方向 備 考
EUR/JPY 年初来安値を更新
USD/CAD 1.33台を超えられるか?
CHF/JPY 5月安値更新
GBP/AUD 早めの決済を心掛けて
EUR/CAD 2月以降の持合ブレイク
スポンサー
PCアドセンス

各ポジション寸評

EUR/JPY

2008年高値、2012年安値を頂点とする壮大な三角持合の下限を割り込んでいることと長期サイクルの後半に入って高値を切り下げていることを考えると長期サイクル終了に向けての下落段階に入っていると考える。
週足のトレンドもきれいに下落になっておりこの先の展開としては2016年安値の109円台を目途にしたい。
直近の値動きでも年初来安値を更新しており順調に推移中。

USD/CAD

3つ目の長期サイクル(高値)後半の時間帯なのでやがては2016年高値を更新していくと考えているが2017年以降、1.36から1.37の水準を超えられずに大きな持合を形成している。
この持合を超えることができれば長期サイクル(高値)終了に向けての動きが期待できる。
直近の値動きでは8月に入り1.33台を上限とした持合を形成。超えられれば5月高値の1.35台への上昇を期待。週足でトレンドが出ていないのでこの推準までくればいったんは決済としたい。

CHF/JPY

3つ目の長期サイクルで大きく高値を切り下げている。やがては2016年の安値を更新して3つ目の長期サイクルが下落トレンドになると考える。
週足では2018年の高値以降、緩やかながら高値を切り下げており先週は5月安値も更新して終えている。
他の対円通貨に比べれば下落は緩やかだが2016年の安値の101円台への下落を期待したい。

GBP/AUD

3つ目の長期サイクル(高値)後半の時間帯なのでやがては2015年高値を更新していくとサイクル的には考えるがブレグジットに対する混乱からくるポンド安の傾向を見るとにわかには信じがたい見解ではある。

とりあえず7月安値からの反発がエントリー条件となったので買いポジションをとってはいるが2018年以降、持合を形成しているので持合上限で決済出来れば上出来であると考える。
持合上限に達する前に反落した時も決済を検討したい。

EUR/CAD

2012年安値から長期サイクルが始まっており現在は3つ目の中期サイクル終盤の時間帯。週足トレンドも下向きで2月以降の持合下限割り込んでいる。長期サイクルの終了に向けての下落に期待する一方で4つ目の中期サイクルが始まる可能性もあるので反転するならば早めの決済も検討したい。

見込みとしては2017年2月安値の1.37台への下落を期待

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. moka より:

    つい先日メルマガに登録したところメルマガの記事と
    こちらのブログにも出会う事ができとても感謝しております
    取り上げられているポジションはとても勉強になります
    これからもよろしくお願い致します

  2. cyclest より:

    mokaさん

    ありがとうございます。参考になっているとしたら嬉しいです。こちらこそよろしくお願いします。