スマホのセキュリティーを考えるとウィルスバスターはコスパ高いかも?

先日、久々に嫁さんと映画「スマホを落としただけなのに」を見てきました。スマホを落としたことで悪用され悲劇が降りかかるという内容でしたが人事では無いなと感じました。

映画のようにあれだけの悪用されるのは相当な知識を持っている人で無いと出来ないでしょうが個人情報の漏洩や端末を売却されるなどは十分にありえると思います。

改めて、スマホの盗難、紛失に関わるセキュリティーを考えると特に何もしていないな-と思っていましたが何気なくインストールしていたウィルスバスターがスマホのセキュリティー対策としてとても有効であると気づいたのです。

スポンサー
PCアドセンス

PCのセキュリティとしてウィルスバスターを購入

パソコンのウィルス対策としてウィルスバスターを長年、購入しています。会社のセキュリティーに使われていた事もあり私物のパソコンにも同じものを使っていました。人気となるのが3年、3台までのライセンスで大体、1万円数千円で購入できます。

3台までインストールできるのでノートPCと私のスマホに使っていました。

一般に、スマホの紛失、盗難に対するセキュリティーとしては
1)GPSの位置情報を表示する
2)遠隔操作で端末のロック、データ消去、アラーム等
3)不正利用者撮影してメール送付

といった機能があるようですが1)は無料アプリ、2)は有料/無料アプリ、3)のような高機能になると有料アプリが多いです。

ウィルスバスターモバイルでは盗難、紛失に対する機能が充実

ウイルスバスター クラウドはPC用のソフトで、スマホにインストールする際はウイルスバスター モバイルをインストールする事になります。
ウイルスバスター モバイルは単体でも売っています。


1年版で3000円弱ですが、単体だと1台のスマホにしか使えません。

また、「クラウド」のライセンスを購入しても、アンドロイド、iOSで使う場合は、結局「モバイル」をインストールする事になりアプリ事態はまったく同じのようです。

ウィルスバスターのQ&Aに記載されていました。
ウイルスバスタークラウドとモバイルについて 

だったら、圧倒的にウイルスバスター クラウドの3年、3台のライセンスを購入したほうがお得です。スマホ1台のみにインストールする場合ならモバイル単体での購入が安くなるようです。

セキュリティー機能一覧

何故かiOSの機能は制限されています。

盗難/紛失時の対策 Android iOS
リモートロック・データ消去 盗難/紛失時の対策Webポータルより、端末のロックやデータの消去 ×
端末の捜索・リモートアラーム 盗難/紛失時の対策Webポータルより、端末の位置を地図上に表示したり、アラームを鳴らすことが可能
不正利用者撮影 指定した回数をロック解除で間違えた場合、フロントカメラで写真を撮影し指定のメールに送付 ×
SIMカード保護 SIMカードを抜いた際に端末をロックします。端末を落としたり盗まれたりしたときに、端末をロックすることで悪用されることを防止 ×

ウイルスバスター モバイル機能一覧

有料で提供される不正利用者撮影機能まであるのはうれしい誤算でした(Androidのみ)

iOSでは最低限の機能である位置情報を与えてくれるのに留まっていますが今後のアップデートに期待したいです。

スマホ用としての方が価値が高いのでは

PCのセキュリティーとして購入したのですが機能としてはスマホ用の方が有効な機能が多い気がします。

映画を見てスマホのセキュリティ-ソフトを考えないといけないと思っていましたが既存のソフトで対応できていることは良かったです。

ライセンスが3台なので嫁さんのiPhoneにも入れてみようかとも思いますが位置情報を私が見ることが出来るので嫌がるかもしれません。。。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする