au 2022年3月で3Gケータイ(ガラケー)終了 2台持ちもできなくなる

auは2022年3月で3Gケータイを終了する予定のようです。ちなみにドコモは2020年代半ばと言っていますのでauはドコモに先駆けて具体的な時期を明示しています。
ちなみに、私は未だにauのガラケーを通話専用で使い、スマホも使っているのでいわゆる2台持ちをしていますので3G終了後の事も少しは考えないといけません。

スポンサー
PCアドセンス

2台持ちのメリットとデメリット

一言で言えば安いって事。通話はauのプランSSシンプルを利用しているので月額1,008円(税込)。毎月1,000円分の無料通話が付いてきますが電話は嫁さんと仕事関係で少々しか使わないのでほぼ余っています。

スマホは格安simのIIJmio。ファミリープランを利用していますが3人で利用していますので一人当たり月額は約1,000円。電話と通信で月額2,000円程度で済むのが最大のメリット。あと、ガラケーはバッテリーの持ちが良いのでバッテリー切れの心配がほぼ無い事。スマホだと毎日充電しないといけませんが使用頻度が少ない事もあり私の場合は週1回の充電で済んでいます。

一方、デメリットは2台持ち歩く必要があること。単純に荷物が1個増えます。

3G終了後はどうする?

2022年3月ということなのでまだ、3年と4ケ月もありますので使えるまではそのままガラケーを使い続けます。ちなみに、今使用している機種は9年使用しておりだいぶガタが来ていますがまだまだ使えます。

あと3年使うとなると12年の利用になりますが持ちこたえるような気がします。
3G終了後にどうするかは2022年の状況にもよると思いますが現時点で考えられるのは下記の3つ。

格安simで通話できるようにする

通話も格安simにすれば+700円程度で済みます。しかし、嫁さんはauですので嫁さんとの通話料が発生するのでトータルで考えると現状より高くなるかもしれません。
いっそのこと、嫁さんとの通話もLine電話にすれば良いのかも知れませんがIP電話の通話品質には不安もあります。

ガラホで2台持ち

ガラケーからガラホに乗り換えての2台持ちです。ガラホでもVKプランSVKプランなら現状と同じ1,000円程度で済みます。auなので嫁さんとの通話も家族間通話で無料になります。

DSDV対応機に乗り換え

最近ではsimが2枚使えるスマホが発売されてきています。いわゆるDSDV機(Dual Sim Dual Volte)というものですがsimを2枚させるので1枚をauのVolteで通話用、もう一枚を格安simで通信用という使い方も出来ます。

現状ではAndoroid機で数機種出始め、今後は増えていくものと思われiPhoneにも搭載される日が来るかもしれません。

本命はDSDV機に乗り換え

2台持ちのメリットを残しつつ、デメリットを解消してくれるのがDSDV機ですので出来ればDSDV機に乗り換えたいです。スマホの買換えのタイミングで魅力的なDSDV機があれば3G終了となる前でも乗り換えるかもしれません。ますます便利な世の中になって行きますね---

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする