大手キャリアの通信費は本当に高いのか?検証してみた

ドコモ、au、ソフトバンク いわゆる携帯通信会社の大手3社の通信費は高いと批判されますが本当に高いのでしょうか?
携帯の通信費は複雑で非常に分かり難いです。我が家の場合、嫁さんと娘の通信費は電話代とデ-タ通信込みで嫁さん:1万円、娘:7千円(但し学割)位。この値段だけ見ると高いなーと感じます。

スポンサー
PCアドセンス

通信費と端末代に分けて考える

端末料金を○○割りがあるから実質△△円といった表記をするからややこしくなります。端末代金を分割で購入したと考えるべきではないかと思うのです。
例えば、通信費総額が8千円、端末の分割代金が4千円とするなら本当の通信費は4千円。4千円で7GBの通信量に対応していたとしたら高くは無いと思います。スマホは高価なものです。iPhoneなら10万円以上はするのですからその支払い代金を考慮しないで高いと批判するのはどうなんでしょうか?

娘の場合:通話無し、データ通信のみ

我が家の娘の場合、電話はほとんどしません。ほぼデータ通信のみです。データ容量は7GBで月額7,300円程度。端末分割代は4,500円、オプション1,000千円ですので実質の通信料は  1,800円。1,800円で7GBまで通信可能ですので格安simよりお得かもしれません。但し、娘の場合は新規購入で学割適用、スマートバリューも1,410円(2年経過以降は934円に減額)ですので通常より安くなっています。

嫁さんの場合:通話多、データ通信少

嫁さんの場合は逆で電話は滅茶苦茶多いです。ママ友、保護者会、昔からの友人など等頻繁に電話しております。ですのでauの通話し放題プラン(カケホ)を使いデータ通信は2GB迄に抑えています。2GBは少ないかも知れませんが動画を見なければ間に合います。動画を見るときは自宅のwifi環境で見るようお願いしています。

このプランで総額10,000円、端末代が4,100円、オプション2,200円ですので実質の通信料は3,700円で電話し放題と2GBまでの通信が可能。ここで気になるのが電話をどの程度使っているか?嫁さんの場合、毎月3万円程度の通話料ですのですごく安く済んでいることになります。

格安simでも通話できますが音声品質はどうなんでしょうか?また格安simでの通話し放題プランは5分とか10分までといった制限がありますので完全定額の大手からは劣っています。(2017年10月現在)
ライン電話というのもありますが嫁さん曰く、『聞き取りにくく使いたくない』そうです。

高い、安いは使い方次第

結局はスマホをどうやって利用しているかによると思います。
ざっくり言うと、通話が多くデータ通信少ない人にはお得な料金設定だし、通話が少なくデータ通信多い人は格安sim並、通話もデータ通信も少ない人には高額となるので見直した方が良いと思います。

ちなみに私はガラケーをauで契約(電話のみ、通信無し)スマホは格安simを利用するという2台持ちでゲラケー(通話代)1,000円、格安sim1,000円の2,000円で済ませています。端末は楽天で型落ちのXperia z3を一括で買いました。

格安simでも端末の分割払いなんてのもありますが格安simを使うんだったらネットでスマホを安く仕入れて利用するのが本筋では無いかと思います。
本当に自分に必要なスペックのスマホだったら型落ち品でも構わないでしょう。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする