決裁ポンドドル GBP/USD(1/4)MACD/RSIのダイバージェンス発生

保有していたGBP/USDのポジションを決裁しました。
年初に急落したのですが急反発したことでMACD/RSIのダイバージェンス完成してしまいました。

通貨 GBP/USD
エントリー日 2018/10/19
売買 S
決済日 2019/1/5
エントリー値 1.30193
決裁値 1.27404
損益(pips) 279
保有日数(日) 78
スポンサー
PCアドセンス

MACD/RSIのダイバージェンス

ポンドドルは12月上旬に安値を記録した時は8月以降の持合を下に抜けたと思われ、以前から考えていた4月以降の急落の第2段の下落に発展するものと期待しました。

しかし、その後は下げ渋り年初の急落も瞬間的で直ぐに反転したことでMACD/RSIのダイバージェンスが完成したことによる決済となります。

<週足>
下落トレンドは維持しているので高値切り下げることがあれば再度の売りも考えたいですが前回安値から20週目ですので新たな安値サイクルが始まってもおかしくない時間帯での反転なので慎重に見極めたいです。

<月足>
月足でも今月は27ケ月目ですので中期サイクル終了としては十分な時間帯です。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする