NZD/CHF 2年毎の安値のサイクルは今回も健在か

相場をサイクルでみているととても面白いことに気づくことがあります。今回紹介するNZD/CHFは過去3回、規則的に安値を記録していますが今回も当てはまるとすると次の安値は8月になるかもしれません。

2年毎の8月に安値を記録するNZD/CHF

NZD/CHFの月足を安値のサイクルでカウントするとこうなります。

2011年8月、2013年8月、2015年8月と2年毎の8月に安値を記録しています。
このサイクルが崩れていないとすると次の安値は2017年8月に記録する事になるのですが直近の安値を5月に記録して反発しています。

5月安値ですと前回の安値から21ケ月目での安値です。24ケ月に対して21ケ月ですので誤差範囲と見ることも可能です。

よってシナリオとしては
1)今回は8月安値のサイクルが前倒しとなり5月安値で転換
2)まだ転換しておらず8月以降の安値に向かう

の2通りが考えられます。

週足では2月高値からの修正局面か?

月足での環境を踏まえて週足を見てみます。

週足では2月高値の0.73台から5月安値の0.67台へ下落した後、反発しています。
この反発が単なる反発か、それともトレンド転換かが悩ましいところで、単なる反発の場合は月足シナリオ2)となりトレンド転換の場合は月足シナリオ1)となります。

私は次の3つの理由から現時点では反発局面との見方をとっています。

Ⅰ)週足高値圏での持合が大きく、長かった割には下落が小さいのではないか?
Ⅱ)週足でMACD/RSIがダイバージェンスして下げたとしたらもっと大きな下落に発展するのではないか?
Ⅲ)高値サイクル転換の時間帯に入っている

仮に2月高値の0.73台を更新するような事になると上記の判断が間違っていたことになりますが。

日足では10MAをサポートとした上昇トレンド

月足、週足の状況を踏まえて日足を見ると5月安値から10MAをサポートとして上昇トレンドを形成しています。

NZD/CHFの買ポジションを保有していますので10MAを維持している限りは買い維持としますが割り込んだ場合には利食いしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする