好調のEURは反落するのか?

EUR/JPYは8月高値からの反落が始まっています。

日足:MACD/RSIのダイバージェンス

EUR/JPYは4月以降、上昇トレンドを形成し5月から6月にかけて持合を入れた後もう一段の上昇をしています。

現在、EURは対円のみならず他の通貨ペアとの組み合わせを見ても最も強い通貨といえますがMACD/RSIのダイバージェンスを形成する反落が生じました。

現在、EUR売りで3連敗していますので売りポジションを取るのは気が引けるのですがサインが出た以上は仕方ありません。

週足では高値サイクル開始の時間帯

週足では昨年12月の高値から33週ですので新たな高値サイクルが始まるには十分な時間帯です。
しかし、直近の週足の動きを見ると強い上昇トレンドを形成していますので過度の期待は禁物です。

月足:32ケ月目の高値

月足では2014年12月高値から32ケ月が経過していますので高値サイクルが始まってもおかしくはありません。

まとめ

今回の日足の動きを見て売りポジションを建てました。損切は直近高値に設定します。

損切は確実に

週足をみるともう一段、上昇する兆候も見られますので損切はしっかりと設定したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする