ユーロドルはもう一段の下げを見せるのか

ドル円は小幅ながら続伸して日足10MAを超えるか微妙な位置で推移しています。8月以降の上昇局面は一旦は終わったとの見方でしたが2日連続の陽線で再び直近高値を目指していますので更新できるのか引き続き注目したいです。

ただし、週足トレンドは依然として下落ですので今の状況から買いで利益を狙うよりは高値切り下げた時に売りを検討をした方が良いかなとは思います。

スポンサー
PCアドセンス

反転する気配のないユーロドル

ユーロドルは2015年安値か2017年安値を始点として超長期サイクルがスタートしていると以前紹介しました。

ユーロドルは2015年安値か2017年安値を始点として超長期サイクルがスタートしていると考えるのですがどちらが始点になっているのか判断に難し...

超長期のサイクルですので2015年、2017年のどちらから始まったのかは判断が難しいのですがどちらにしても現在は

2015年安値スタートの場合:2つ目の長期サイクル
2017年安値スタートの場合:2つ目の中期サイクル

の終了の時間帯です。

この時間帯でユーロドルは斜行三角持合を形成しています。斜行三角は相場の転換点でよく表れるパターンで上記の時間帯とすると上に抜ければ新たなサイクルが始まるものと考えていましたが上方にブレイクすることはなく逆に下に抜けそうな気配もありもう一段の下げに発展するかもしれません。

持合期間も長く(1年位)仮に下に抜けて2017年安値を更新した場合は今回の超長期サイクルがとても弱いか前回の超長期サイクルがまだ継続していたのかどちらかになります。

いずれにしても斜行三角を下に抜けるか今後、注目していきたいです。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする