今日のサイクル分析(6/19)4月高値へ向くて再び動き出したNYダウ

昨日は日経平均は下げたもののNYダウは300ドルを超える上昇を見せています。以前から指摘していた4月高値が目前に迫っており高値更新となる可能性は高まりました。

スポンサー
PCアドセンス

株式市場見通し

注目すべきはNYダウ。6月初めの安値から上昇した後は26,000ドル前半で持ち合っていましたが昨日の上昇で持合ブレイクしており今月の上昇はプライマリサイクルスタートと見て間違いないでしょう。

こうなると以前から指摘していた4月高値を更新する可能性はだいぶ高まり更には昨年高値の26,900ドル台の更新も視野に入ってきます。

本当に強力なトレンドのNYダウですが月足30MAをサポートとしているように見えますのでこの水準を割り込まない限りは大きな下落になることは無さそうです。

一方でトレンドが崩れた場合はリーマンショック時の安値からの長期サイクル終了に向けた大きな下落に発展する可能性があることは頭に入れておきたいです。

為替市場見通し

昨日のドル円は前日とほぼ同値で終わりました。引き続き大きな三角持合の下限に位置しておりサポート割れの危険性はありますが踏みとどまっています。

仮に上昇に転じて6月高値を更新するようなことになれば新たなプライマリーサイクルが始まるかもしれません。その場合は三角持合の上限に向けて推移していく事が期待されます。

しかし、ドル円は長期サイクル終了に向けての推移中との見方ですのでプライマリーサイクルが始まったとしても過度の期待はしにくく買いポジションを取ったとしても短期に利食いをしておきたいです。

あとがき

携帯の2年縛りの違約金を1000円にするよう総務省の有識者会議で提言されていますがいきなり1000円というのはやりすぎのような気もします。

2年以内に解約したら高額の違約金(現行の9500円)で2年以上経過したら何時でも解約OK(違約金無)にすればいいのにと思います。
2年経過した後も再び2年の縛りを付けるのが問題だと思うのですが。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする