今日のサイクル分析(6/12)ユーロ円は重要な局面に

株式市場ではNYダウは小幅ながら下落、日経平均は続伸となりました。一方、為替市場ではユーロ、ポンドといった欧州通貨が買われたようです。

スポンサー
PCアドセンス

株式市場見通し

昨日のNYダウは前日高値を更新するものの終値では小幅ながら下落する結果となりました。さすがに先週からの上昇の勢いは鈍化していますが高値を更新していますので順調との見方は変わりません。引き続き4月高値を目指すと想定します。

一方の日経平均は続伸し順調に推移しています。NYダウと比較すると4月以降の下落からの戻りが鈍いのが気になりますが4月高値に向けての上昇に期待したいです。

株式市場では先週の上昇からプライマリサイクルが始まった可能性がありますのでどこまで伸びるのかが注目です。

為替市場見通し

ドル円は前日とほぼ同値で終えており変化はありません。ユ-ロ、ポンドといった欧州通貨が買われましたが気になるのはユーロ円。

ユーロ円もドル円と同様、三角持合を形成していますがユーロ円の場合はドル円よりも一回り大きなスケールの持合で、2008年高値と2012年安値を結ぶ三角持合を形成しており週足、月足の終値で割りこんでいます。

その後、反発に転じていますが重要ポイントを割り込んだ後の反対方向の動きは良くあることですが再び失速するか、しっかりと持合レンジに回帰するかで今後の展開が大きく変わります。

前者なら持合ブレイクとなり持合頂点に向かい推移していくことが想定され、この場合は壮大な持合であることから数か月から数年単位になるものと思われます。

後者の場合は再び持合でだらだらした展開になるか持合下抜けが騙しとなり逆に持合上限に向かう事も考えられます。

どちらにしてもユーロ円の動向には注目したいです。

あとがき

今日は嫁さんと娘の誕生日。そう親子で同じ誕生日なのです。仲の良い親子ではありますがなにも同じ日に生まれなくても。
娘は18歳になり選挙権も得られたようで、さっそく夏の参議院選挙には投票できるのかな?

週末あたりに外食でもしてお祝いしようかと計画中です。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする