重要ポイントに向かうドル円

ドル円が前日安値を更新する陰線で110円前半まで下落してきました。大きな視点では下落傾向と想定し短期的には年始の急落から始まった上昇トレンドを維持していましたが3月安値の109円台を更新すると状況が変わってきます。

スポンサー
PCアドセンス

3月安値を維持できるかが重要

以前にも紹介しましたが中長期サイクルの観点からドル円は下落傾向、具体的には2019年10月前後に向けて安値を付けに行くものと考えております。

5月連休に入りました。過去にもゴールデンウィークやお盆休み等の長期連休中に為替相場が急変することはありましたが今年はどうなるでしょうか?ドル...

しかし、短期的には年始の急落から始まったプライマリーサイクルによる上昇が進んでいましたが日足でMACD/RSIのダイバージェンスをを付けて下落に転じています。この上昇トレンドが崩れるのが3月安値の109円台ですが昨日の安値が110円前半ですので今週はこの安値を試しに行きそうです。

仮に割り込んだ場合は短期的には下落トレンドになりますが週足で見た三角持合の範囲内ですので直ぐに急落する危険性はさほど高くは無いのですがこの三角持合も割り込むようだといよいよ中長期サイクルの見通しである安値を付けに行く可能性が高まります。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする