サイクル理論分析 新規エントリーCAD/CHF(3/4)

以前から注目していたカナダスイス(CAD/CHF)ですが壮大な三角持合を形成していて大相場に発展する可能性があると紹介していました。

以前、カナダスイスは日足で小さいながら三角持合を形成していて下抜けると中期サイクル終了へ向かうのではないかと紹介しました。 その後、三...

三角持合を一旦、下にブレイクした後に反発して上値抵抗線まで上昇したのですがそこで再び上値を抑えられています。

スポンサー
PCアドセンス

週足 4年に及ぶ三角持合

CAD/CHFを改めて週足で確認すると2015年初の高値安値から4年に及ぶ三角持合を形成しました。
昨年末に一旦、持合を割り込んだのですがこれは中期サイクル終了に向けた下落になっていると考えられ、その後は反発に転じて上値抵抗帯まで上昇しています。

再び上値抵抗帯では上昇を阻まれていますが中期サイクルが始まったとすればいずれは上方にブレイクして大相場へと発展していくと考えております。

日足サポート割れ

長期の見方では上記のように上方へのブレイクに期待したいのですが短期的には一旦は反落する兆候が見られます。

日足は年始からの上昇相場において20MAをサポートとしていましたが2月以降は伸び悩み持合、そして先週はサポートを割れてしまいました。

長期的には上昇に期待したい通貨ペアなのですが短期で売ポジションもありかなと思います。
2月以降の持合を下方にブレイクしたエネルギーのみを取りに行くというイメージで行きたいです。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする