サイクル理論分析 新規エントリーNZD/USD(12/17)

NZD/USDを売りで新規ポジションを建てました。

NZD/USDについては新たな中期サイクルがスタートした可能性と既に2つ目の中期サイクルが下落に転じたかもしれないという可能性を指摘してきました。

昨日はポンドの上昇が目立ちポンド円は2円以上の急騰を見せましたが実はポンドよりも強かったのがNZドル。対円での上昇率で計算するとポンド円は1...

今回は後者の可能性を期待しての売エントリーとなります。

スポンサー
PCアドセンス

日足でMACD/RSIのダイバージェンス

売りポジションを建てた直接の理由は日足でMACD/RSIのダイバージェンスが発生したこと、更に週末の下落で30MAも割り込んでしまった事が直接の理由です。

NZD/USDは2017年11月安値の取り扱いがポイント

NZD/USDの場合、月足でみて2017年11月安値が中期サイクルのスタートになっているかがポイントです。

中期サイクルスタートの場合

現在は2つ目の中期サイクルでしかも下落トレンドになりますのでやがて2015年安値も更新して本格的な下落相場に発展する可能性があります。

中期サイクルスタートしてない場合

2015年9月から始まった中期サイクルは2018年10月安値で37ケ月ですので中期サイクルがスタートしてもおかしくない時間帯です。(やや長いとは感じます)

その場合は2017年高値である0.75台を目指していくと考えられ今月の下落はその過程での調整に過ぎないということになります。

まとめ

現状ではどちらのシナリオになるかは分かりませんが日足でのエントリールールに適合したのでポジションを取りました。感情に流されずにルールに沿ってトレードを続ける事を心がけています。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする