カナダドル円の長期展望 やがて74円を割れるか?

あまり取り上げてこなかったカナダドル円の長期展望を考えたいと思います。

スポンサー
PCアドセンス

3つ目の長期サイクルの1つ目の中期サイクル後半

カナダドル円の長期サイクルは2016年11月安値から3つ目の長期サイクルに入っています。そして今月は中期サイクルの25ケ月目ですので中期サイクル後半の時間帯です。

長期サイクルの高値を見ると125円から106円へと19円も下げているのに対し、安値は68円から74円へと6円の上昇に留まっているところを見ると今回の長期サイクルは下落に転じる可能性が高いと感じています。

週足でヘッドアンドショルダーズ形成

このような状況でヘッドアンドショルダーズを形成しているのですが中期サイクル後半、長期サイクルの高値の大幅な切下げという事を考えるとやがてネックラインを割れてしまうのではないかと考えます。

その場合は70円割れの下値目標値が計算されるとともに長期サイクル視点である2016年11月安値の74円台も更新してしまうことになります

まとめ

長期的には下落していくと考えますが特に重要なのがネックラインの80円台。この水準を割れると長期サイクルの下向きに転じてしまう可能性が高まります。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする