8月の急落から回復したトルコリラ円 日足・週足・月足でのポイントは

8月に15円台まで急落したトルコリラ円ですが現在では21円台まで回復し急落前の水準である22円台に迫っています。急落によって中期サイクル、もしくは長期サイクルがスタートした可能性が高いのですが日足、週足、月足でみたサポート水準を確認します。(月足の本数が少ないので長期、中期の区別がつかない)

スポンサー
PCアドセンス

日足:20MAをサポート

日足では20MAをサポートに綺麗な上昇トレンドを形成しています。

10MA、20MA、30MAが綺麗な右肩上がりで日足も10MAの上に位置しており文句の付けようのない上昇トレンドです。ポイントは当然ですがサポートである20MA。この水準を維持している限りは問題ありません。
11月に入って21円前半で上値を抑えられていましたが超えつつあり、順調に推移していると思われます。

週足:30MAが抵抗帯か?

週足では2014年以降の一貫した下落トレンドで30MAが抵抗帯として作用しているようです。(2017年の持ち合い時期では30MAを超えている場面もありましたが)

今週はちょうど30MA付近に位置しており超えられれば週足でのトレンドが変わる可能性が出てきます。週足30MAを超えて安値を切上まで行けばトレンドが変わったと判断できると思います。

月足:10MAを超えられるか

月足では2014年以降の下落トレンドが鮮明で急落からの反発に過ぎない事になります。まずは10MAを超えられるかに注目したいです。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする