中期サイクル終了に向けてもう一段の下げがあるかポンドカナダ

昨日はポンドが急落しました。相変わらずEU離脱に関する報道で大きく揺れているポンドですがマイナーな通貨ペアではありますがポンドカナダでは中期サイクル終了に向けたもう一段の下落があるかもしれません。

スポンサー
PCアドセンス

3つ目の長期サイクルの1つ目の中期サイクル

ポンドカナダは2010年5月安値から現在は3つ目の長期サイクルの1つ目の中期サイクルに位置しています。

直近の安値である8月安値は中期サイクルで19ケ月目。中期サイクル終了には若干早いと感じるのでもう一度、安値を更新するのではないかと考えております。週足でも3月以降の下落トレンドは継続しており8月以降は持合を形成しています。

日足高値切下げ

そのような状況の中、昨日は大きい陰線を形成し高値を切り下げています。

直近の高値である10月高値の1.72台に損きりを設定し売りを検討するのも面白いと思います。8月以降の持合下限である1.65台を割れると持合下放れとともに中期サイクル終了に向けての下落が期待されます。

ポジション取るのは見送る

紹介したのですが損きりまで深く実際にポジションを取る事は今回は見送ります。ポジション建てる時のマイルールでリスクの許容範囲を超えているので。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする