6年持合のドルスイスは逆ヘッドアンドショルダーズを完成したか

実に6年もの長期サイクルに渡って持合を形成しているUSD/CHF(ドルスイス)。長期持合の中で逆ヘッドアンドショルダーズを形成しネックラインを超えると上値目標値として1.08以上が計算されると以前、紹介しました。

以前にも紹介したドルスイス(USD/CHF)。実に6年も持合を形成しているのですが2月安値を割り込むか注目していましたが9月安値以降は上昇に...

その重要ポイントであるネックラインを超えつつあります。

スポンサー
PCアドセンス

週足逆ヘッドアンドショルダーズ

ドルスイスの週足を確認しますと2017年以降の持合で逆ヘッドアンドショルダーズを形成しておりネックラインが1.00台となっていますがこの水準を超えつつあります。

仮にネックラインを超えて逆ヘッドアンドショルダーズが完成した場合に計算される上値目標値は1.08台となりますがここまで上昇すると更に大きな持合も上抜けることになります。

6年持合も超えていくことが出来るか?

月足で確認できるドルスイスが形成している長期間の持合上限は1.03台。前述の上値目標値である1.08台まで上昇すると6年持合の上限も超えていくことになります。

週足の逆ヘッドアンドショルダーズ完成が6年持合突破の引き金になる、そんな可能性を感じさせてくれます。仮にそうなった場合、少なく見積もっても2010年高値である1.17台への上昇は期待できると考えます。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする