三角持合形成中のカナダスイス 下抜けると中期サイクル終了へ向かうか

マイナーな通貨ペアではありますが注目しているカナダスイス。10月以降、三角持合を形成していますが下抜けると中期サイクル終了へ向けた下落になるかもしれません。

スポンサー
PCアドセンス

日足で三角持合形成

8月の高値以降、綺麗な三角持合を形成し先端になってきましたのでそろそろ上下どちらかに放れると思われます。上に抜ければ昨年5月高値の0.78台を目指すと考えられますが下に抜けた場合は中期サイクル終了に向けた下落に発展するかもしれません。

その場合は9月安値の0.73台、更には3月安値の0.72台を更新してい可能性もあります。

楽しみは中期サイクル終了後

カナダスイスの場合、むしろ楽しみは中期サイクル終了後です。2016年1月安値から長期サイクルに入っていると考えますが長期サイクルスタート後の最初の中期サイクルで持合を形成していると考えられます。

中期サイクル1つ分を持ち合った後、2つ目の中期サイクルで持合を上に抜けてくれれば大きな上昇が見込めますので2つ目の中期サイクルスタートには買いでエントリーして長期保有としてみたいと考えております。

まとめ

中期サイクル終了へ向かう下落を見せた後は逆にチャンスと考えて買いのタイミングを待ちたい。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする