重要ポイントの攻防中のトルコリラ円 戻り高値を更新するか?

トルコリラ円が煮詰まって来ているように感じます。8月の急落以降、19円前半の戻り高値を超えられれば短期的には上昇する可能性があると考えていましたが昨日は19円40銭台まで上昇、僅かではありますが戻り高値を更新しています。

スポンサー
PCアドセンス

日足では三角持合

日足で見ると綺麗な三角持合を形成しています。

上側がフラット(戻り高値)の三角形ですが先端に位置しており持合ブレイクする時期が近いことを予感させます。
綺麗に安値を切り上げていますので素直に考えれば上に抜けてくれる事を可能性が高く、5月以降の持合レンジ下限である22円付近への上昇が期待されます。

週足では強い下落トレンド

一方で週足ではまだ強い下落トレンドが続いています。

仮に日足の持合を上に抜けたとしても週足トレンドが下向きなので長く、大きな上昇は見込みにくく早めの利食いが良いと思います。

週足トレンドが変わったときは長期サイクルスタートの可能性も

しかし、週足トレンドが変わるようなことになれば8月のパニック的な急落は長期サイクルの始点に十分なりえますので長期サイクルスタートを期待して買い目線で行きたいとも感じます。

まとめ

戻り高値を更新すれば短期的な上昇(22円付近)を見込めるものの週足トレンドに逆らっているので早めの利食いとしたい。
一方で、週足トレンドが変わるようになれば長期サイクルスタートの可能性が高まるので買いも有力に。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする