持合を綺麗にブレイクしたポンドニュージ-(GBP/NZD)は2016年高値へ向かう

以前から何度か紹介しているポンドニュージ-(GBP/NZD)ですが昨年末から形成していた三角持合をお手本のようにきれいにブレイクしていきました。
持合ブレイクの確認と上値目標値を紹介します。

スポンサー
PCアドセンス

持合ブレイク後、戻しを入れて再び上昇

ポンドニュージ-(GBP/NZD)を日足で確認すると2017年末から三角持合を形成していましたが8月後半から9月上旬にかけてブレイクしました。
ブレイク後にはゆり戻しが生じたものの以前の持合レンジに回帰することなく再び上昇に転じ昨日、高値更新しております。

ブレイク後の戻しが大きく以前の持合レンジに入ってしまうと騙しの可能性や再び上昇に転じたとしても強いトレンドにはならないかもしれないのですが今回のように典型的な持合ブレイク後のパターンとなると今後の大きな上昇が期待されます。

上値目処は

約1年に渡る長い持合で上記のように綺麗な持合ブレイクとなると期待も大きくなり週足で見た節目となる2016年高値の2.20台へ向かう可能性は比較的高いのではないかと考えます。

注意点としては中期サイクル終了の時間帯であること

注意点としては現在の時間帯が2015年高値から37ケ月目であり中期サイクル終了の時間帯にあることで今回の持合ブレイクは中期サイクル終了に向けての急騰になると考えております。

伸び悩み、高値切下げとなるようだと次の中期サイクルが始まる可能性もでてきますのでその辺は柔軟に対応したいです。

まとめ

2016年高値への上昇が期待されるが相場が反転したら新たな中期サイクルスタートの可能性もあり過度の期待は禁物。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする