急落からの戻り高値を目指すトルコリラ円 トレンドは変わるのか?

トルコリラ円は8月の急落から1月半以上が経過しましたが安値は切り上げたもののトレンドが変わったとは言い切れない状況にあります。
しかし先週は僅かながらも19円台を回復し急落からの戻り高値である19円30銭台に迫ってきました。日足では10MAをサポートとし上昇トレンドを形成しつつありますが大きなポイントとなる戻り高値を超えられるかが今週の注目です。

スポンサー
PCアドセンス

戻り高値に挑む

トルコリラ円の日足チャートです。
8月の急落後に安値切上、以降は10MAをサポートとし緩やかに上昇し戻り高値に迫っています。

今週は戻り高値更新を目指しますが超えられれば急落前の持合下限である22円付近にはあっさりと伸びてくるように思います。

戻り高値は週足10MAと重なっている

戻り高値の19円前半は週足で見ると年初以降の週足でみた下落トレンドの上値抵抗帯として作用している10MAの水準と重なっています。
この抵抗帯は強力であるので簡単には超えられそうにありませんが8月の急落が長期サイクルの始点となるならば今週直ぐにとは行かなくとも何れは更新してくれるものと考えており、その可能性は十分あると思います。

まとめ

1)戻り高値である19円30銭台を更新すれば短期的には22円付近への上昇が期待され、長期的にも8月安値を始点とする長期サイクルが始まった可能性が出てくる。

2)サポートとしては日足10MA、この水準を維持している限りは問題ないが割り込むと8月後半の安値である16円前後を試すと考える。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする