持合上抜け後、きっちり戻したGBP/NZD このまま上昇していくか?

マイナーな通貨ペアですが以前も紹介した昨年末から9ケ月に及ぶ長い持合を上抜けたGBP/NZD。その後はブレイク後の戻しを入れる典型的な展開を見せ再び上昇に転じました。

スポンサー
PCアドセンス

持合ブレイク後の戻し

持合をブレイクした後に再び持合の上下限に戻しを入れることは良くありますが今回のGBP/NZDも綺麗に戻しを入れています。

先週末の急落がちょうど持合上限で止まり、週末の下落が強かったので週明けに続落して再び持ち合いのレンジに回帰するのか注目していましたが今週は2日連続の陽線で反発しました。

典型的な持合ブレイク後の動きとなっており素直に考えれば以前紹介した上値目処へ向けて推移していくと考えます。

先週から今週にかけて大きな変化があったのがマイナーな通貨ペアではありますがGBP/NZD。この通貨ペアは昨年暮れから長期間にわたり持合を形成...

日足2本だけの反発でまだ10MAを下回っていることと先週末の急落分を戻しただけとの見方もありますので慎重に行くなら10MAをゴールデンクロスするのを待つ事もお勧めしたいです。

中期サイクル終了の難しい時間帯

但し、以前にも紹介しましたが現在は2015年9月の高値から数えると中期サイクルが終了する時間帯に入っていますので今後、反落して高値切下げるようだと持合ブレイクが騙しであった可能性もでてきますので上下両方向への対処が必要です。

現時点では持合レンジに回帰する前に反発したところを見ると堅調な相場であると思われるので上昇していく可能性のほうが高いと考えております。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする