ポンド円の月足サイクル確認 ポンドはEU離脱危機で2つ目の長期サイクルへ

ポンド円の月足サイクルを確認しました。ポンドは2016年のEU離脱危機による急落で長期サイクルが始まったかもしれません。
リーマンショックによる急落が超長期サイクルのスタートと考えられるので今回の長期サイクルは2つ目となります。

スポンサー
PCアドセンス

ポンド円月足サイクル

1999年以降の月足サイクルはこうなっています。

ポンド円のサイクル構成は
中期サイクル3個で長期サイクル構成
中期サイクルは30M以上
長期サイクルは90~100M

リーマンショックによる急落から超長期サイクルに入りました。

現在の状況は

特徴的なのはリーマンショックによる急落とその後、2011年に安値更新。そして2016年のEU離脱による急落。

リーマンショックによる急落は全てのサイクルがリセットされる超長期サイクルの始点と考えられるのですが問題は2011年の安値更新。

厳密に捉えると安値更新しているので新たなサイクルの始点と考えなくてはいけないのですが前後の状況とリーマンショックを上回るような急落でなかった事を考えると中期サイクルが行き過ぎたイレギュラーとして考えることにしています。

上記の前提の元、現在は2016年のEU離脱による急落で長期サイクルが終了し2つ目の長期サイクルに突入したと考えられますので長期サイクルのトップに向けた推移が期待されるので当面は買い目線となります。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする