ドルストレートの月足サイクルを確認すると見えるドルの将来

ドルストレートの月足サイクルを再確認してみました。大きな視点で見るとドルが買われるのかな~と感じていますが唯一つの例外がありました。

ドルストレート月足サイクル

各通貨の月足サイクルとコメントを記入しています。

EUR/USD

壮大なヘッドアンドショルダーズを形成しネックラインを割れています。長期サイクルの終了に向けて大きな下落に発展していくと考えます。

GBP/USD

2016年のEU離脱に伴う急落時の安値で超長期サイクルがスタートした可能性があります。こういった○○ショック見たいなもので新たなサイクルが始まることは多いです。

AUD/USD

3つ目の長期サイクルが高値をつけて下げ始めています。今月は30ケ月目なので中期サイクルが始まるかもしれませんが大きな流れでは下落になると考えます。

NZD/USD

形状はAUD/USDと似ています。3つ目の長期サイクルですので下落に転じる可能性は高いのではと考えます。

USD/CHF

底値から上昇した後、7年も持ち合っています。長期サイクルでは超長期サイクルの終了に向けて持合を上抜けて急騰をするのではないかと考えております。

USD/CAD

他の通貨に比べて本数が少ないですが現在の長期サイクルは2016年高値を更新していくと考えております。

全体にドル買い 但しポンドは違うかも

全体には今後、ドルが買われる様な形状をしていますがポンドだけは2016年の安値が超長期サイクルのスタートの可能性があるので下げたとしても(ドル買いになったとしても)直近安値を更新しない程度の下落で済むのではないかと考えます。

現在、ドルは主要通貨では最も金利が高いのでスワップも頂きながら長期投資のタイミングを探って行きたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする