今日のサイクル理論分析(4/12)ユーロ円

昨日はドル円を取り上げましたが今日はユーロ円について紹介します。ドル円は安値サイクルが始まったものの相場環境としては更にもう一段の下落の可能性があると考えていますがユーロ円についてはドル円ほど悲観的な見通しではありません。

スポンサー
PCアドセンス

安値サイクルスタートした可能性高い

ドル円同様、3月の安値の129円前後から反発して新たな安値サイクルに入った可能性が高いです。その後は順調に推移しており今週は132円台まで上昇、今朝の時点では132円前半で推移しています。

ユーロ円は2月以降の小さめの持合をブレイクしたことでポイントアンドフィギュアで計算される上値目標値は135円半ば、更には137円半ばが第2目標値として計算されており、第2目標値まで上昇してくれれば2月高値とダブルトップを形成することになります。

週足で見ても昨年4月以降の強い上昇トレンドから調整下落を挟んで新たな安値サイクルが始まったとするともう一段の上昇を期待しても良いのではないかと考えます。
安値サイクルでも43週、48週とほぼ周期的に表れております。

重要水準は130円台

ユーロ円については楽観的な見通しですが重要ポイントとしては130円台。この水準を維持している限りは強気の見通しを維持したいです。
ですが、ドル円が失速するような事になりもう一段の下落に入ったとするとユーロ円だけ逆方向に推移するとも考えにくく持合になるかもしれません。

あとがき

ずっと禁酒をしてきましたが鹿児島旅行の自分用に買ったお土産の焼酎が美味しくちびちびと飲むようになってしまいました。
今回買ってきた自分用のお土産焼酎です。ウィスキー風味の芋焼酎でストレートで飲むのがお勧め。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする