為替展望(3/12)ドル円はトレンド転換したか? ユーロ円は下値目標値到達後に反発

先週のドル円は105円台で底を付けた後は反発に転じ107円台を一時的に回復、週末には106円後半で終えました。

ドル円については先週は107円台を上方向へのポイントとしてあげてきました。具体的には1月以降の下落局面では20MAの水準で上値を抑えられつけてきましたので先週は20MAが107円台ということでした。

先週末の20MAは106円70銭台、終値が106円80銭台ですので厳密に見れば超えているのですがわずか10銭ですので微妙なところです。

個人的には売ポジションを持っていますので決済をする事になるのですが私はもう1日様子を見たいと思います。

今日も陽線で終えることが出来たら明確に20MAを超えたと判断し決済することにします。

スポンサー
PCアドセンス

ユーロ円は下値目標値到達後に反発

ユーロ円は以前、下値目標値の129円前後を目指すと指摘していました。

昨日のドル円は再び下落に転じ今朝の時点では106円半ばで推移しています。 上方向のポイントである108円へ向かうのかと思われましたがあっさ...

3月2日に129円30銭まで下落した後は132円台を回復、先週末は131円半ばで終えています。

目標値到達後の反発局面との見方ですが先週の高値である132円台が反発の高値であるのかが気になるところです。

ユーロ円は週足で見ると2017年4月以降の上昇トレンドに対する調整局面と思われるので先週高値を更新すると再び上昇トレンドへ回帰する可能性もあると考えます。

反面、直近安値を更新するようなことがあると上昇トレンドの調整局面からトレンド転換へと発展する可能性も頭に入れておきたいです。

あとがき

今日からアメリカは夏時間へ以降のようです。夏時間になり市場の始まる時間が早くなると春になったな~と感じてしまいます。

それと、昨日は外壁工事の契約をしてきました。

スポンサー
PCアドセンス
PCアドセンス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする