為替展望(3/7)今朝方のドル円下落の背景は? NZD/CHFは反転するか?

昨日のドル円の高値は106円半ばまでで終値は前日とほぼ同値の106円前半でした。しかし、今朝方は急落し投稿時点(9時)には105円半ばと終値から50銭ほど短時間で下げております。

この下落の要因と言われているのがコーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任するとの報道を受けてらしいのですがコーン委員長って誰?て感じです。

詳しい方なら知っているのかもしれませんが少なくとも私は知りませんでした。この方が辞任するのが為替市場を動かすほどの影響力があるのでしょうか?

こういった小さな報道(小さくないのかもしれませんが)で円高に振れるということは相場の環境がまだ円高に傾きやすいのだろうと思います。

何かしら材料を探して円が買われている、そんな気がします。

NZD/CHFは反転するか?

久しぶりに対円通貨以外を取り上げます。NZD/CHFですが1月以降の下落から2月には下げ止まり反発、3月に入って安値の切上を見せています。

今回のNZD/CHFの場合、損きりは直近安値である2月安値よりも昨年11月安値において置くほうが良いと思います。

2月安値を更新したら半分損きり、11月安値を更新したら残りを損きりというようなリスク管理を取ってみたいと思います。

あとがき

どこかにマイルで旅行計画
https://cyclest.info/travel/180306-2

行き先は鹿児島になりました。新燃岳が噴火したようですが大丈夫かな?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする