為替展望(2/14)ドル円下値目処に到達 踏みとどまれるか?

ドル円は108円台、割り込んだら昨年9月安値の107円台が重要ポイントと紹介しましたが昨日は107円半ばまで値を下げてしまいました。今朝の時点では若干戻して107円後半で推移しています。

ドル円は重要なポイントに差し掛かりました。
この水準までは下げる可能性は十分あると思いましたが問題は下げ止まることができるか?

107円台は週足で見ても持合の下限ですので簡単に割り込むとは思えず、仮にここから反転したら買いも検討したいと思います。

しかし、割り込んでしまったら。。。
週足で見ると昨年は107円から114円の持合相場だったのですが約1年に渡る持合を下方へブレイクすることになりますので2016年安値の100円近辺から98円台といった水準へ向かうことが考えられます。

もちろん、数ヶ月はかかるでしょうが今年のドル円相場が大きく円高に傾く引き金になるかもしれません。

107円台の攻防を見守りたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする