為替展望(12/19)ユーロは対フランで持合を放たれるか?

ドル円は相変わらず大きな動きはありませんがユーロが対フランで長期の持合をブレイクする兆しが見えます。

ユーロは対フランで持合を放たれるか?

EUR/CHFは10月以降、持合を形成していましたが12月1日に高値を記録してからは更新できないでいます。更には昨日の日足で10月以降のサポートと考えられる40MAを割り込んだこともあり、もしかしたらこのまま下落に転じる可能性があります。

MACD/RSIのダイバージェンスも連続して生じているので高値サイクルの開始を期待したいです。

ただし、週足では強い上昇トレンドの最中であり上昇トレンドの中での短期下落狙いですので深追いはしない事を心がけたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする