為替展望(12/14)ドル円反落 豪ドルは対ドルで30MAを超えた

昨日のドル円は1円近く値を下げ、今朝の時点では112円半ばで推移しています。
11月の114円台からの下落は30MAを越えたことでいったん終わり、再び114円台を目指すと考えていましたが昨日の下落はやや気になります。

現時点では見通しを変えるほどではありませんが112円を割り込んでしまうと再び下落が進行する可能性が高まると考えます。

豪ドルは対ドルで30MAを超えた

以前、AUD/USDについて30MAを超えてくると大きく上昇する可能性を紹介しました。

ドル円は30MAを超えられるかが今週の注目と紹介しましたが現在までのところ越えられずにいます。 引き続き現時点での30MA水準である112円...

そして昨日、AUD/USDは30MAを超えてきましたので新たな安値サイクルが始まったかもしれません。
今回のサイクルは2016年以降の大きな持合ブレイクを期待させるものであり2014年高値の0.95台まで上昇してくれることを期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする