為替展望(10/19)ドル円再び直近高値へ ドルスイス持合ブレイクしたか?

昨日のドル円は上昇して113円台を回復しています。サポートであった10MAを割り込んだことで下落注意と判断し、111円半ばを割れると下落が加速するとの見通しをしていましたが111円半ばを割れることなく踏みとどまり昨日の上昇につながりました。

こうなりますと今後の焦点は直近高値の113円半ば、この水準を超えていくかになります。
仮に更新した場合、9月前半から後半にかけての上昇幅と同値の第2段の上昇に発展する可能性がありその場合の上値目標値は116円前半になります。

ドルスイス持合ブレイクしたか?

買ポジションを保有しているドルスイスが6月以降の持合高値を越えたのか微妙な所です。
6月以降、0.977台で上値を抑えられてきたのですが今月は0.98台を記録して高値を更新、その後もたついていたのですが再び上昇に転じています。

このまま持合ブレイクとなってくれれば5月高値水準の1.01台への上昇を期待したいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする