為替展望(10/18)ドル円小康状態 ユーロニュージーは下落に転じるか?サポートは?

昨日のドル円は112円前半から半ばの狭い範囲で推移し大きな変化はありませんでした。
見通しは変わらず9月以降の上昇のサポートであった10MAを割り込んでしまったので方向性としては下向き、111円半ばを割れると下落が加速する可能性を指摘しています。

ユーロニュージーのサポートは50MA

マイナーな通貨ペアですがユーロニュージを取り上げます。

6月以降上昇トレンド形成していますが10月高値からの下落でMACD/RSIのダイバージェンスが完成しています。ダイバージェンスが完成したから直ぐに下落が始まるわけではなく、今回の場合は50MAがサポートとして働いてますので(昨日の日足の安値も50MAまで)この水準を割り込むか注目したいです。

割り込んだ場合は9月安値の1.61台更には1.57台といった水準が下値目処と考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする