為替展望(10/16)ドル円111円半ばの攻防 ユーロ円再びサポート水準へ

先週末、ドル円は112円を割り込んで終えました。サポートと考える10MAを割り込んでいるので方向性は下向きとの判断ですが直ぐに急落するとは限りません。今回の場合は111円半ばを割り込むと下落が加速する恐れがあると考えています。

週明けの今朝の水準が111円後半ですので今後は111円半ばを維持出来るかに注目したいです。

ユーロ円再びサポートでの攻防へ

複雑な動きをしているのがユーロ円で9月に10MAを割り込んだ後、10MAが逆に抵抗帯として働きました。このまま10MAを超えられずに失速していくと思いましたが先週は10MAを越え、再び直近高値の134円台を目指すかに見えましたが週末にかけて再び下落。

ユーロ円については6月安値と8月安値を結ぶラインがサポートとして働いているようで先週末の終値はサポートライン上となっています。
今日以降、このサポート水準を維持出来るかが注目で仮に割り込むと高値切下げ後のサポート割れとなりますのでユーロ円にとってはネガティブな材料になります。

具体的には128円台、8月の前半から半ばにかけて形成した持合水準への下落が懸念されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする