残念!東京MXのニュース女子打ち切りに思う既存メディアの実態

ニュース女子という情報番組があり元々はネット配信の番組でしたが一部の地方局でも配信しており関東圏では東京MXにて視聴することが出来ました。
この番組、一般のニュース番組とは違い本音トークというか闇の部分もはっきりと伝えてくれるので毎週、楽しみに見ていたのですが3月いっぱいで東京MXが打ち切りを決定しました。

沖縄基地問題の講義活動の報道が問題に

ヤフーニュースでの報道がこちら。

打ち切りの理由はニュース女子で取り上げた沖縄基地問題の抗議活動で『抗議活動の参加者が実は本土から日当を貰って行っている』とか『抗議活動をしている人の実態』を紹介した内容についてBPO(放送倫理・番組向上機構)が「重大な倫理違反」と強く批判したことを受けてのようです。

ニュース女子を批判するなら朝日新聞の従軍慰安婦の嘘記事を何の批判もしないのは何故か?
朝日新聞の珊瑚記事捏造事件(Wikipedia)を批判しないのは何故か?

どうみてもおかしいでしょう??

メディア(新聞、テレビ全て)は左派勢力に犯されているとニュース女子では度々指摘していましたが左派に少しだけ都合の悪い報道でこれほど敏感に、過剰に反応するのですから本当に既存のメディアは真実を伝えない、偏った意見しか伝えないんだなと感じました。

せめてもの私の反抗

こんな幻滅したメディアへの私なりの反抗として契約している新聞(読売)を今回の契約を最後に解約する旨を伝えました(4月末で解約)。読売は大手新聞社の中ではまともなほうのようですが以前から、新聞を殆ど読んでいない事と何らかの行動を起こさないといられない気持からです。
まあ、ほんの小さな抵抗ですが自分の出来ることをしたと言うことで。

ニュース女子自体は継続

ここが救われるところでニュース女子自体は継続され、あくまで東京MXでの配信が打ち切りということのようです。
ちなみに、ニュース女子の現時点での放送は地方局を中心にこうなっています。

東京MXの打ち切りで関東圏では配信されなくなりますが放送されている地方局ではまだ視聴可能です。
今後はネットで見ることにします。

既存メディア離れが加速されるのではないか?

今回の件で私のように既存メディアに幻滅をした方も多いのではないでしょうか?昔はテレビや新聞しか情報を得る手段が無かったのですが今ではネットで情報収集することが出来ます。

新聞やテレビは製作側の発信する内容を受け取るだけの受身の姿勢だけでしたがネットでは自ら必要な情報を探しに行くという違いもありますので製作側の与える影響は以前より少なくなっていると思います。
私など、今では新聞やテレビのニュースなど殆ど見なくなりました。

ネットでの情報が全て正しいわけではなくニュース女子で取り上げている内容でもたまに、『少し違うのでは?』と感じることはありますが今後は様々な情報に対して自分で判断して考える事が必要になってくるのではないかと思います。

ぜひ一度、ニュース女子 | DHCテレビをご覧ください。お勧めです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする