小池百合子都知事の国家感はどうなっているのか?

最近、めっきり話題にならなくなっている小池東京都知事。この人は小泉元総理と同じで敵を作って対立軸を生み出す手法を良く使います。都知事選の時は自民党都連を敵として見事当選したわけですが今度は国に対して都の税金が地方に言い様に使われているとしています。

「都は国のATM」 小池百合子知事、叛逆の小冊子の中身
リンク先もいつかは無くなってしまうので下記に記事の内容を引用します。

「排除の論理」で総選挙に敗れ、今や自分でつくった希望の党から排除されそうな小池百合子・東京都知事。そんな八方ふさがりの中、起死回生を狙って国の税制改正に噛みついた。

〈都民の税金が奪われる!〉──東京都は刺激的な表題の小冊子を1月26日に作成した。内容も過激だ。

小池都政のキーワードである「メリハリ」をもじったゆるキャラ、羊のメリーちゃんとハリネズミのハリーくんが登場し、「東京都は国に一方的にお金を取られているのよ」「まるで都合の良いATMじゃないか!」などと掛け合いが展開される。

“ボクシング編”では、4コママンガで都と国がボクシングで闘い、引き分けと見せかけて国が都の背後から「法人事業税もっとよこせ」とパコッと殴りかかって税収を奪い取り、都が「卑怯だ!」と叫ぶのだ。

“官僚編”もある。背広を着た小狡そうな国(総務省と思われる)の役人が札束を持って「(東京から取ったお金ですが)地方で使ってください」と自治体を配り歩く姿が描かれている。総務官僚がみたら怒り出しそうなイラストだ。

都に作成の意図を尋ねると、「いわば東京対地方という構図を煽るかのような税制改正が行なわれていることを、都民の方にも知っていただきたい」(東京都財務局)と言うが、小池氏は明らかに総務省に喧嘩を売りたがっているように見える。

ところが、当の総務省は「この冊子については承知していますが、最近、都市と地方の税収格差が拡大しているということを踏まえて税制改正について検討するというだけの立場です」(総務省自治税務局)と涼しい顔。いくら喧嘩上手の小池氏でも、相手にされなければ、“負け犬の遠吠え冊子”に終わりそうだ。

財政的に豊かな都民が地方を援助するのは当然ではないか?

同じ日本人という感覚を持っているなら東京都の税金が地方に配分されても助け合い精神で納得できるのではないでしょうか?

東京都は地方と比べてインフラも充実しており稼ぎやすい環境にあるのでもちろん税収も多いです。だからといって地方に配分するのに文句を言うのは同じ日本人という意識が低いのではないかと思います。

ユーロ危機でのギリシャとドイツ

ギリシャが破綻に追い込まれたとき、ドイツが支援をするのに対しドイツ国民から避難の声が上がりました。
『なぜギリシャ人を助けなくてはいけないのか?』
『ギリシャ人が怠けているから破綻するんだ、自己責任だ!』
などと言った論調でした。これはやはり共同体ユーロ圏といっても所詮は違う国の国民だからこういった感情になるのです。無理も無いです。

しかし、東京都民と地方の方々は同じ日本人。そこは助け合いましょうよ。

今後、30年以内に起きる確率が高いとされる首都直下型地震。もしも大規模震災となったら助けてくれるのは地方の方々ですよ。

国家感の欠乏か、新たな敵探しか?

小池都知事がなぜこのような冊子を作ったのか?
本気で都が国の都合の良いATMとして利用されていると思っているのか?だとしたら上に立つ人としては失格ですので早く辞任してほしいです。

本音は東京オリンピックに向けた環状2号線の完成が間に合わない事といった失政から目をそらす為に新たな敵を作ろうとしているのではないでしょうか?ですが今回は相手の総務省が一向に相手にしていないようで空振りになりそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする